痛風の対策!効果的なサプリ!

 

痛風でお悩みのあなたへ!話題の和漢めぐり系サプリ「白井田七」

数値が気になる方に、是非おすすめしたい!!

漢方のパワー、恐るべし!!


世界でもわずかな場所でしかつくれない田七人参の中でも、
無農薬で育てた極少の田七人参を使ったサプリメントです。



>>痛風でお悩みの方必見「白井田七」詳しくはコチラ!!


痛風の原因とは?


痛風の原因を解説する医師

痛風の痛みってその本人しかわからないなんて言いますが・・・

あの痛みは相当つらいのも事実なんですね。

では、そもそも、痛痛の原因ってなにがあるのか?


尿酸値が上昇が原因?


実は、尿酸と呼ばれる成分が痛風の原因に大きく関係しています。

通常であれば、尿酸と言うのは、は血液に溶けて体内を循環してから、最後には、尿に混ざりあって体外へ排出されるという仕組みとなっています。

もちろん、健康な状態なら、特に問題がないのですが、この尿酸値が上昇してしまうと、処理しきれなくなり、尿酸は体外へは排出されず、体内に溜まってしまいます。

そして、この状態が続くと、体内にナトリウムと塩の結晶が出来まるんですね。

これは、尿酸塩と呼ぶのですが、尿酸塩の結晶が関節などに付着して、これが痛風の原因となります。


白血球が尿酸塩を攻撃する?


間接などに付着した尿酸塩は、本来、あってはいけないものなので、体の防御機能である白血球が尿酸塩を攻撃します。

この攻撃により、起こる傷みが、いわゆる痛風と呼ばれる症状になります。

尿酸値が下がらないと、体内の尿酸塩の結晶も減らないわけなので、痛風の症状がいつまでも繰り返され苦しむことになります。

つまり、痛風の原因は、尿酸値が上がることなので、治したいなら、この数値を下げる必要があります。

また、痛風の原因になる要素としては、生活習慣が大きく関係しているので、乱れた食生活や運動不足には十分に気をつけることが大切です。



そのまま放置すると?


では、痛風をそのまま放置してしまうと一体どうなるのか?

その人の状態にもよりますが、具体的には、次のようなことが起こります。

・発作の繰り返し
・炎症部分の腫れ
・痛風結節
・高尿酸血症
・合併症


などです。

痛風が進行すると、場合によっては、このようなことが起きますので、なるべく早めに治療した方がいいです。

治療を行わなければ、発作を繰り返してしまいますし、当然、激しく痛むことになります。

また、炎症部分が真っ赤に腫れてしまい、大変なことになってしまいます。

それに痛風を放置してしまえば、痛風結節と言う大きなコブが足や手の指の関節に出来ることがあるんです。

他にも高尿酸血症が改善せず、腎臓の機能が低下する可能性が高いです。

もちろん、腎機能が低下すると、体中に異変が出ることになります。

さらに、尿酸値が高い状態が続けば、合併症を引き起こす可能性があります。

例えば、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、尿路結石、糖尿病、腎障害など。

このような合併症を引き起こすかもしれません。

直接、命に係わる病気もあるので、病院で治療しなければいけません。



何科に行けばいい?


痛風の原因には尿酸値が上がることなのですが、痛みの症状がでたら病院にいかなければいけません。

そこで、病院の何科で診てもらえばいいのか?

痛風は基本的に、内科を受診してください。

内科を受診すれば、先ず、血液検査を行う事になるので、尿酸値などに異常がないか調べる事が出来ます。

では、血液検査で痛風だと診断された場合はどのような治療を行うのか?

通常は、薬が処方されます。

そして、食事療法であったり、生活習慣改善の指導をされます。

ちなみに病院によっては、リウマチ科などで治療を行っているところもあります。

ですので、痛風の痛みなのか自分で分からない時は、整形外科へ行くと言うのもいいかもしれません。

整形外科では骨や関節に異常がないかを調べますので、もし、それで異常がないような場合は、痛風の可能性が高いので、改めて内科を受診するようにしてください。

痛風の場合は、最終的には内科での治療となるのですが、自分では判断できない場合は、別の病気かもしれないので、一度、整形外科で検査を受けてみるのもいいかもれませんね。



積極的に摂った方がいい食べ物とは?


通風の時に積極的に取った方が良い食べ物にはどんなものがある?

それは、アルカリ性の食べ物になります。

通風の時に、控えた方が良い食べ物というのはよく聞きますが、積極的に取った方が良い食べ物ってあまり聞きませんよね。

なるべく野菜や海草などの植物系の食べ物が良いです。

野菜や海草などの植物系の食べ物と言うのは、アルカリ性の食べ物で、それでいて低カロリーで低コレステロールです。

具体的にアルカリ性の食べ物にはどんなものがあるのか?

代表的なものとしては・・・

・ひじき
・ワカメ
・ホウレン草
・ゴボウ
・さといも、
・ニンジン
・大根
・キャベツ


これらが挙げられます。

アルカリ性の食品を食事で積極的に食べると尿をアルカリ性に傾ける事ができます。

そうすれば、尿酸を溶かすことが出来ますので、通風時には欠かせない食べ物と言えるでしょう。

それと、通風時には、牛乳を積極的に飲むのも良いと言われています。

牛乳と言うのは尿をアルカリ性に保つ食品で尿の排出を促す水分でもあるので、なるべく積極的に飲むようにするといいでしょう。

でも、注意することもあります。

それは、いくら通風に良い食品だからと言っても、これらのアルカリ性のものだけを摂取すれば良いわけではありません。

アルカリ性のものだけを摂取していれば、栄養のバランスが崩れるので、栄養バランスを考えながら、アルカリ性の野菜や海草類を取り入れてください。


食べない方が良い物を控えるより、食べた方が良いものを積極的に取る方が、食事に対するストレスも少なくなりますので、通風のためにも良いと言えます。

痛風の症状が出たら、食事を見直すようにしてください。